地方法人税とは?What is local corporate tax?

平成26年 (2014年) 10月以降開始する事業年度から法人税の納税義務のある法人は地方法人税を納める必要があります。
From the fiscal year beginning in October 2014, a company paying corporate tax needs to pay local corporate tax.

消費税の引き上げにより地方消費税による税収が増加しました。これにより、都道府県間の税収格差が拡大したため、これを是正するために新たに地方法人税が創設されました。
Local consumption tax revenue increased due to a rise in consumption tax rate. As a result, tax revenue differentails among prefectures expanded. In order to improve this condition, local corporate tax is newly introduced.

地方と名前にありますが、国税であり法人税の4.4%が地方法人税となります。地方法人税の創設に伴い法人住民税率が下がっているため、全体の税負担額は変わりません。
Although “local” is included in the name, this is national tax and calculated by 4.4% of corporate tax. As corporate resident tax decreased by the same percentage due to introduction of local corporate tax, the total tax burden doesn’t change.



地方法人税の導入前は地方法人特別税が地域間の税収格差を是正するための経過措置として導入されました。
Before the introduction of local corporate tax, local corporate special tax is temporarily introduced to improve the disparity among prefectures.

2019年10月以降は消費税率の引上げ及び地方法人税率の引上げにより、地方法人特別税は廃止され法人事業税に復元されることになります。
After Ocboter 2019, consumption tax rate and local corporate tax rate will increase. At the same time, local corporate special tax will be abolished and returned back to corporate business tax.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*